待遇の違い

婚活ブームによって、婚活事業が拡大し飲食業界や旅行会社でも婚活パーティーなどが開催されています。結婚したいという気持ちがあっても出会いがない人、思うようにアプローチができない人など、人によって結婚に結び付かなかった理由が異なります。それぞれの悩みに沿って成婚のサポートをしてくれるのが結婚相談所の一番のメリットです。

〔関連資料〕専任チームによる成婚サポートがある結婚相談所「フィオーレ」はこちら

婚活サイトそのほかにも婚活サイトはたくさんあります。最近増えているのはネット活動の中心とする婚活サイトです。登録している会員の情報を見て気に入った人に対してメールなどでアプローチをしていきます。自分で積極的に行動しなければいい出会いを見つけることができません。またネットでは会員になるための条件が低い場合が多いです。身分証明の提出が義務づけられているところもあれば、そういった規制がないところもあります。そのため本人の情報が不確かな可能性もあります。

結婚相談所では身分証明と独身証明書、源泉徴収所の提出が義務付けられているところが多いです。そのため個人情報の正確性が高いといえます。そして仲介人によって成婚に向けて結婚相手探しやお見合いのセッティング、お断りする場合は本人の代わりに代返してもらうこともできます。そう言ったサポートが充実しているのが結婚相談所の待遇の良さといえます。

費用面の違い

晩婚化が問題となっている中で結婚に対して前向きに活動している人も増えてきています。婚活ブームによって結婚相手を求める場の選択肢が増えています。婚活にはいくつかの種類がありますが、婚活に積極的に活動しなくてはいけないのか、結婚に向けてサポート体制が整っているのかによって異なります。ネットやデーター型の婚活と待遇が充実している結婚相談所に分かれます。

費用大きな違いとして挙げられているのが費用の問題です。データーの正確性や自分で活動をしなくてはいけないため費用は安くなっていることが多いです。毎月数千円の費用を払うことで情報を見ることができます。それに対して結婚相談所では入会金や毎月の会費が婚活サイトに比べて倍以上かかるところが多いです。またお見合いのセッティング料や成婚料などのも必要になります。

費用が高い分、仲介人によって理想の相手を紹介してもらうことができたり、婚活の相談をしたり、お見合いのセッティングをしてもらうこともできます。お見合い相手にお断りの連絡をする際も仲介人が代わりに行ってくれるため、気まずい思いをすることがなく婚活を続けることができます。結婚相談所に登録するためには、身分証明、卒業証書、独身証明、源泉徴収などの書類の提出が必要です。データーの信憑性も高いため安心して婚活を進めることができます。

Copyright 結婚相談所と婚活サイトの相違点 2019
Tech Nerd theme designed by Siteturner