成婚率の違い

晩婚化や少子化が問題となっている中、婚活を積極的に行う人が増えています。婚活パーティーを主催する業者も増え、一つの産業として確立されるようになりました。そう言った婚活ブームが起きる前から婚活をサポートしていたのが結婚相談所です。結婚相談所は成婚率が高いというイメージを持っている人が多いです。婚活サイトとはどのような点で異なるのでしょうか。

結婚結婚相談所は個人経営や全国チェーン展開しているところもあります。ほとんどの結婚相談所では連盟や団体に所属しています。会員さんの情報を共有することで、より多くの条件の中から出会いを求めることができます。結婚相談所に登録する人はそれだけ婚活に費用をかける人だけが集まっています。結婚に対する意識が強く真剣な交際を望んでいます。それぞれの気持ち次第では、出会って3か月で結婚をするカップルもいます。

結婚相談所の多くは一年ごとに更新するパターンが多く、最初の一年で成婚する確率も高いです。大手の結婚相談所では成婚率が50%ちかくあるといわれていますが、低いところでも30%の成婚率があるといわれています。そのため結婚相談所では3人に一人の確率で成婚につながっているといえます。成婚までのサポート体制が整っているため多くの人が成婚に結び付いています。

婚活と結婚相談所

アプローチ婚活がオープンになったことから、いろんな出会いの場が提供されるようになりました。誰もが共通していえることは、結婚に対して前向きに活動しているということです。人によってその行動範囲は異なりますが、結婚相手として理想の人が現れ、交際に発展した場合は結婚に早く結びつきます。自分の生活県内では出会うことができない人、たくさんの出会い求めている人は、婚活サイトを活用する人が多いです。特にネットの場合は自分が好きな時に婚活を行うことができ、気になる人がいた場合はメールなどで積極的にアプローチすることができます。多くの人にアプローチをすることもでき、やり取りを繰り返すことで相手のことを知ることもできます。自分で積極的に婚活ができる人や限られた時間の中でも婚活をしたいという人は婚活サイトがおすすめです。

それに対してより結婚への意識が高い人が利用するのが結婚相談所です。結婚相談所は、入会するためにある程度の費用が掛かります。費用をかけてでも結婚をしたいという意識があるということになります。また積極的に婚活をするのが苦手という人や、相手の情報に対して正確性が高いため安心して婚活ができるという人もいます。

結婚相談所では仲介人と呼ばれる立場の人がいることが多いです。成婚に対してマンツーマンでサポートしてもらうことができ、結婚相手探し、お見合いの仕方、婚活パーティーでの立ち回り方などどうしたらいいのかアドバイスをもらうことができます。結婚相談所のほうがより親身になって相談に乗ってもらうことができます。

Copyright 結婚相談所と婚活サイトの相違点 2019
Tech Nerd theme designed by Siteturner